ディズニーでやっておきたい効果的なウイルス対策とは

動画配信サービスDisney+ディズニープラスが発表!ディズニー作品のVODは日本でいつ公開?FoxとHuluを取り込み月額料金はいくらになる?

家庭にも動画配信サービスが徐々に浸透してきました。

VOD(ビデオ・オン・デマンド)とも呼ばれますね。

 

月額料金も1000円前後と安く、インターネットさえあればレンタルビデオよりコスパがいいということで人気です。

 

あなたの家はNetflix?Hulu?U-NEXT?

他にもGYAO!やAmazonのPrime video、Wowowなど日本では20社以上の動画配信サービスが競合しています。

 

それが来年の2019年、ディズニーが動画配信サービス「Disney+」をスタートさせます!

 

マーベルやルーカス・フィルムを取り込み、最近では21世紀フォックスの買収で話題となったディズニー。

 

現存の数ある動画配信サービスの新たな選択肢になりえるのか?

「Disney+」の秘めた力と魅力について解説していきます!

ディズニーが送るVOD「Disney+」の配信作品は?

ディズニー・スタジオが抱える超有名作品!

ディズニーが配信する作品は、まず自社制作で1920年代から続いてきた人気アニメーション作品の数々!

 

「蒸気船ウィリー」や「ファンタジア」のようなミッキーが出演する作品から、「白雪姫」、「シンデレラ」、「アナと雪の女王」のようなプリンセス系。

「ピノキオ」、「くまのプーさん」、「ピーターパン」などのビッグネームなど、その数だけでも60作品近くあります。

 

さらにここから実写版のディズニー作品が含まれます。

「パイレーツオブカリビアン」シリーズや、「アリスインワンダーランド」、「美女と野獣」などですね。

これらが含まれると相当な数の大ヒット作品がDisney+に登録するだけで見放題になります。

 

2019年に公開するものでは「ダンボ」、「アラジン」、「ライオンキング」など最近人気映画の実写化に気合が入っていますね!これらも配信作品の中に入っているとみて間違いないでしょう!

 

ピクサー・アニメーション

さらにお馴染みとなったPixer作品。

 

初めてCGのフルアニメーション映画として大ヒットした「トイストーリー」シリーズをはじめ、「カーズ」や「ファインディング・ニモ」、最新作でピクサー史上最高の興行収入を得た「インクレディブル・ファミリー」などがありますね。

 

先日も発売発表されたピクサー20タイトルコレクションが話題になったように、一つ一つが大ヒット作です。

 

DVD/Blu-Rayボックスは欲しいですが、定額月額性で見れるようになるとしたら少し購入を考えますよね~。

映画ピクサー20タイトルコレクションの発売日や通販価格を紹介!DVD/Blu-RayBOX買うなら楽天Amazonがオススメ!話題のトイストーリーやカーズも収録

 

ルーカス・フィルム

言わずと知れた「STAR WARS」シリーズです!

 

今までは20/21世紀フォックスがスターウォーズ1~6の版権を持っていましたが、この度のディズニーによるフォックス買収によりスターウォーズすべての作品がディズニーの作品になることが決定しました。

 

「Disney+」ではスターウォーズアニメの「クローン・ウォーズ」の新作や、ドラマ版スターウォーズの制作があるようです!

マーベル・スタジオ

「アイアンマン」、「マイティ・ソー」で知られる大ヒット映画、アベンジャーズシリーズもディズニーが権利を持っています。

 

S.H.I.E.L.D.のドラマシリーズや、ソーの弟「ロキ」が主人公のドラマも新たに制作され「Disney+」での配信が決定しています。

20/21世紀フォックス作品とは?

ディズニーがフォックスを買収したニュースがありましたが、ピンときていない方も多いのでは?

 

フォックスの主な作品には、フロリダディズニーのアニマルキングダムに新エリアとしてオープンして話題になった「アバター」をはじめ、大人向け作品としては「エイリアン」、「プレデター」、「猿の惑星シリーズ」、「インデペンデンスデイ」、「ダイ・ハードシリーズ」、「プラダを着た悪魔」などがあります。

 

もちろん子供向け作品も数々あり「アイス・エイジ」、「カンフーパンダ」、「ホームアローン」シリーズもフォックスの提供する作品です。

 

そして実はスターウォーズやマーベルの一部作品の権利を持っているのもフォックスです。

スターウォーズ1~6やマーベルの「X-MEN」シリーズや「デッドプール」などがそうですね。

 

おそらく一度は見たことのあるビッグネームが目白押し!これらフォックスの作品すべてをディズニーが所有することになりました。

 

Disney+ができたら日本のHuluはどうなる?

フォックスは動画配信サービスのHuluの株を3割持っており、Huluすらもディズニーの傘下に入ることになります。

 

しかし日本でのHuluの運営は業績がうまく伸びず2014年に完全に日本テレビに買収されています。

一時期は赤字運営だったようですが今年日テレ独自のコンテンツなどを増やして運営しています。

 

アメリカのHulu本社とのつながりがどうなっているかは不透明ですが、ディズニーが日本のドラマ、アニメなどを手に入れるには日本のHuluを手放したのは痛かったかもしれません。

 

うまく連携してDisney+でも日本のドラマ、アニメ、映画などを視聴できるようにしてほしいですね!

 

現在のHuluでも一部スパイダーマンやエージェントオブシールドなどのマーベルドラマシリーズや、ドナルドやティモンとプンバァなどのミニ作品なら見られます。

 

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

「Disney+」の日本での配信日はいつになる?

ディズニー社は、アメリカでは2019年末にサービス開始という発表がされていますが、日本での公開については触れていません。

 

しかし、ディズニーが公開した「Disney+」の予告サイトにはしっかり日本語版が用意されてあります。

 

これは日本でのサービス提供も視野に入れていると思っていいかもしれません。

「Disney+」の配信方法はSVOD!気になる月額は?

VODの作品配信方法には3種類あり、それぞれの動画配信サービスがいずれかの形態を持っています。

 

配信形態特徴採用しているVOD
AVOD”広告型動画配信”広告を掲載し、その収益で運営しているため無料で視聴できる。Youtube、ニコニコ動画、TVerなど
SVOD”定額型動画配信”月額料金を支払えば配信作品が見放題。頭文字のS(サブスクリプション)は、定期購入という意味で2018年の流行語にノミネートしている。Netflix、※Disney+
SVOD&PPV”定額&都度課金型動画配信”月額料金が基本となり、一部の最新作品などに課金するシステムのある形態。

PPVの中にも買い切り型のESTと、レンタル型のTVODがある。

Hulu、dTV、AmazonPrimeVideo、U-nextなど

 

ディズニーは「Disney+」をNetflixと同じSVOD(定額型動画配信)にするようです。

これで月額さえ払えばディズニー作品は見放題ということですね。

 

 

気になる月額料金ですが、ディズニーの現社長ボブ・アイガーは、Netflixより”大幅に安くする”という発表をしています。

 

アメリカでのNetflixの価格は8ドル~14ドル(約900~1500円)なので、それよりも安いとすると、500円~1000円くらいとなるでしょうか?

 

もし500~1000円あたりでディズニー映画が見放題なら即入会しますよね!

 

まとめ

Disney+の配信が今から楽しみで仕方がないですね!

  • ディズニーアニメーション作品
  • ディズニー実写作品
  • ディズニードラマ作品
  • スターウォーズ作品シリーズ
  • マーベル作品シリーズ
  • フォックスが提供する「エイリアン」、「プレデター」、「アバター」、「タイタニック」、「ダイ・ハードシリーズ」、「猿の惑星」などのビッグネーム作品
  • 料金は定額の月額料金制
  • 価格はNetflixよりも安い、500~1000円???
  • 日本のドラマ、アニメ、映画作品???

 

これらが全て観られるVODが始まり、しかも1000円前後もしくは以下の値段だとしたならディズニーファンなら登録してしまうでしょう!

 

知っていますか?洋画の興行収入ランキングですが、トップ20の映画のうちディズニーが権利を持ってる映画はなんと13個!

 

ジュラシックワールドやハリーポッターシリーズが間に入るくらいで、大半がもはやディズニー作品です!

 

動画配信サービスは、ディズニーの独壇場になる可能性もありますね!