TDRに無料で行く方法を公開中

【アカメ釣り】高知浦戸湾の大場所・回遊待ちポイント

 

浦戸湾でのアカメ狙いのポイントと言えば、市内にある各河川の橋脚周りが第1級ポントです

 

しかしこういうポイントの大体が市街地内にあり、住宅のすぐ隣などで釣りをする事もよくあります。こうなると周りの騒音が気になったり、置いてきた車も気になるでしょうし、トイレの確保もしとかないといけません

僕も向かいのマンションから聞こえる、赤ちゃんのギャン泣きをBGMに釣りしてた事がありますw

 

「せっかく高知県にいるのに、そんなせせこましい釣りはしたくない!」

という方や、

「ライトタックルでやるから橋脚からひっぺがすようなやり取りはできない」

という方に、広大な浦戸湾の河口・湾岸部でのポイントをご紹介します!

 

 

※住宅が近くになくてもマナーは守って釣りしましょう、近辺を生活の場にしている人が必ずいます。

※駐禁などで起こったトラブルについて当サイトは一切責任を負いません。

 

他の「アカメ」大場所用リンク

 

大場所・回遊待ちアカメポイント

大場所・回遊待ちのポイントは湾奥の河川流入ポイントと違って、まさに浦戸湾!といったところです

 

広いフィールドのどこかにいるモンスターの事を想いながら、ひたすら無心でキャストします!ロマンですね~

 

 

ちなみに浦戸湾の大場所ポイントは移動に時間がかかります

ちなみにAのポイントからBのポイントまでは、夜中の交通量が少ない時間でも30分くらいかかります。ポイント移動の算段は、潔く1つに絞るか、計画的にやりましょう!

 

Aのポイント:種崎の突堤

漁港の名前は知らないが、「種崎の200mくらいある突堤」と言えばほぼ伝わる超有名ポイント

 

根本の緑マークの場所に数台置けます

堤防内には絶対に駐車しないようにしてください、夜でも地元の人が使います

 

 

突堤に沿って街灯が立ってるんですが、ルアー組は根本から5本目の街灯までで実績が高いです。先端に行ってもいいですが、結構な激流ですし泳がせ組がいる場合もあるので様子を見ながらポイントを決めましょう

 

 

4箇所の中では一番足場がよくウエーダーは必要ありません、サンダルでオッケーなポイントは貴重です

横に広いので複数人で来られるのも魅力的!

 

 

深さもそこそこあり、根掛かりもしにくい印象です

ビッグベイトから鉄板まで何でも投げれるので準備してきたルアー達を試しまくるのも楽しいですよ!

 

 

このポイントの問題はランディングで、唯一ずり上げができる根本付近が一番ラクです

潮の満ち引きで足元から水面までの高さが1m以上変わることもあるので、メーターオーバーがかかった時にギャフやフィッシュグリップでは上がらない可能性が高いです

僕はネットとストリンガーの両方準備しています

 

 

 

このポイントは湾内の船の間を覗けばアカメが見える事もあるほど魚影が濃いです。

ベイトが大量に居るときは連続したライズが見られる可能性が高いです。あの光景は一見の価値ありです!

 

『種崎にある長い突堤』

定員:空きがなくなるまで

駐車場:あり

ウエーダー:なし、サンダルでOK

ルアー:何でもOK

ランディング:ネット推奨。一箇所のみずり上げ可能

 

Bのポイント:横浜の福祉施設前

 

ポイントは画像の星印3箇所で、ポイントの名前は分かりませんw

地元の方はこのあたりのポイント全域を「横浜」と呼ぶみたいです

このポイントは地元の人に教えてもらって行ってみたらベイトが大量に沸いてた所です。潮が当たるし、浅いので溜まってたんでしょう

 

 

この写真でお分かりいただけたであろうか

 

 

堤防から階段を降りていくと道具箱がおけるくらいの足場があり、周り数メートルは水深が深くて50cmほど

ウエーダーはあった方がストレスなく釣りができると思います

 

駐車は階段の前後なら大丈夫だと思います。駐禁の指示などはないので停めましたが責任は持てません

 

釣り場から海を見て左前方20mくらいのところに杭が出てるので注意です、右側はありません

 

使えるルアーは水面直下20cmまでのルアーをオススメします、結構浅いです

 

ランディングはやりやすいポイントです。

浅いので寄せてしまえばフィッシュグリップでOKです。階段の手すりにストリンガーで繋ぐのもありですね、まぁなんでも大丈夫ですw

 

静かな場所で釣りたい人にイチオシスポットです

 

 

『横浜、福祉施設の前』

定員:1人

駐車場:なし(路駐)

ウエーダー:あった方が良い

ルアー:トップ、フローティング

ランディング:フィッシュグリップ、ネット、ギャフ

 

Cのポイント:横浜の葬儀場裏

 

少し駐車に困るが、道路の向かい側にコンビニがあるので便利なポイント。

星印の場所の茂みに階段があるのでそこからエントリーします

 

 

遠浅で少しでも飛距離がほしいとこなのでウエーダー推奨です

 

 

このポイントでまず注意したいのが黄色の枠で書いてある沈没船

干潮になると出てくるが、とっても根掛かりしやすそうな形状ですw

干潮時には沈船の上を歩いて投げれますが、満潮時には沈船の上をルアーで通すのはやめた方がいいでしょう

 

 

左右に杭があるので投げる範囲も広そうに見えてそこまで広くないです

よって人数はできれば1人、仲良い友達なら2人でもなんとかいけるかな・・・?くらいです

 

ルアーはトップ~フローティングがオススメです。手前だと30cm潜行させたミノーがガツガツあたります・・・

 

ランディングはなんでもいけますが、微妙にゴロタなのでネットだと手間取るかもしれません

フィッシュグリップがあるならそれが推奨です

 

 

ここはアカメの通り道になってるのか、早朝か夕まずめに高確率でライズがあります

しかも結構近距離で見えるのですごい迫力です!

 

 

『横浜、葬儀場の裏』

定員:できれば1人

駐車場:なし

ウエーダー:推奨します

ルアー:トップ~フローティング

ランディング:フィッシュグリップ、ギャフ、ネット

 

Dのポイント:横浜の仁井田神社まわり

駐車場がなく、行くのが面倒なはずなのに常に誰かがいる有名な人気ポイントです

 

島の周りが浅いので干潮時は歩いて周れます

神社なので海と面してる場所には勿論手すりがあります。、、、が、何のためか海に降りる階段が作られています。おそらく「海に入って釣れ」と誰かが言っているのでしょう。よってウエーダー推奨です

 

 

正直この場所だけ行けてないんですが、Cのポイントと特徴は似ていると思います

(Cでやってるとこの場所が見える)

 

 

駐車場の確保さえできればシチュエーションと快適さは最高のポイントかもしれません

境内にベンチもありますのですぐ休憩できます

虫除けを忘れずにどうぞ!

 

 

『横浜、仁井田神社まわり』

定員:複数人OK

駐車場:なし(見つけたい)

ルアー:トップ~フローティング

ランディング:なんでも

 

まとめ

自分の性格やタックルに合った場所は見つかりましたか?

 

僕がポイントを選ぶ時はシチュエーションを結構大事にしています

何かに気を使いながら釣りしたりとか、ガマンしながら趣味をするって意味分かりませんからねw

 

なので今回紹介したポイントは実績ももちろんですが、のんびりマイペースで釣りができる場所です

 

 

では、よいアカメライフを!

 

 

 

他の「アカメ」大場所用リンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください